JPRS特徴


 04

  1. 万全のデータバックアップとデータ一致性保証
    JPRSにはターミナルの間に相互ミラーリングできる仕組みが実装されており、万一トラブルした場合でも
    売上データ・商品マスタデータは万全です。 またネットワークのダウン時にもPOSターミナルのローカルPLU機能により、システムの継続ができます。ネットワークが正常に戻ったら、データミラーリングも自動的に実行され、データの一致性は何時でも保たれます。
  2. 特殊な技術を使い、商品販売件数は無制限に対応
    JPRSは特別設計技術を使い、100万件もの品目の商品販売にも活用する事ができます。レスポンスなど一切正常の余裕な高速度処理です。さらに、大量販売データを蓄積して統括処理も可能です。ストアコンなどは要りません。
  3. 素早くレスポンス
    統計操作、検索操作は全て5秒以内で終了します。電源を入れてからPOSターミナル立上までは平均1分13~15秒です。
  4. 緊急時USB等バックアップ、リカバリー機能
    イザットした場合(例えば、ネットワークがつながらない場合)、特売設定、新規商品データをUSBからPOSターミナルへアップロードできます。また、売上データをUSB等にダダウンロードする事もできます。よって、緊急時障害を最小限に抑えます。
  5. すべてデータはリアルタイムの通信が可能
    特売、生鮮品などの金額調整をリアルタイムでコントロールする事ができます。また、売上データをリアルタイムで調べることも可能です。
  6. In-timeのトラブル対応
    JPRSは最新の「スマートクライアント」技術で開発され、システム改善、バグ対応、トラブルなどの対応は何時でも、どこでもできます。さらに、弊社の無料で提供しているバージョンアッププランに加入すれば、何時でも最新のシステムを使用する事が可能です。さらに、途中ニーズが拡張・変更しても、JPRS最新機能モジュールライブラリから無料で欲しいものを入手する事ができます。機能追加などは簡単です。
  7. リモートメンテナンス
    リモートでメンテナンスを、365日24時間行います。
  8. 個客識別マーケティングと連動
    店舗経営様への顧客創造支援として顧客識別マーケティング「 J-COMs 」 を連動させ、小売業の多様なお客様のニーズに合わせた満足なサービスを支援することができます。
  9. 柔軟対応
    運用サポート中に、各種変化に柔軟対応いたします。

05

機能 説明
売上管理 カテゴリー別の店舗別売上状況を本部でリアルタイムに確認できます。
また、POS連動により、時間帯別やメニュー別売上の把握が可能となります。
発注管理 問屋別発注、本部発注、店別発注方式を店舗にあわせて選択できます。
また、取引先に応じてオンラインやFAXによる発注ができます。
仕入管理 発注データを利用して一括検収、買掛管理に連動します。
また、手書き伝票の登録管理もできます。
勤怠管理 従業員、パートタイマー、アルバイトの出退勤登録・管理を行います。
また、本部での人件費算出は登録された出退勤データをもとに行います。
シフト管理 従業員、パートタイマー、アルバイトの日々のシフトを設定します。
売上予算、時給などの情報を基に、最適なワークスケジュールの作成が可能です。
また、分析管理にて、予定シフトに対する勤怠実績の比較一覧表の参照が可能です。
棚卸管理 店舗の実地棚卸データをもとに、数量、金額の評価を本部で行えます。
ゴンドラ、棚割管理 店の棚に並べた商品の回転率を本部でリアルタイムで行えます。
経費管理 小口現金は、仕分け伝票を費目別に管理できます。
分析機能 発注、仕入、売上実績データをもとに、多角的な分析情報を提供します。
特売管理 月間特売、週間特売登録、設定を簡単に行えます。
営業日報・ワークフロー 店舗で発注した売上・仕入・経費・人件費などのデータが一元管理できます。
これら日報に対するコメントの入力も可能です。
また、本部、スーパーバイザーなどから返信コメントも行えます。
グループウェア 本部・店舗間の各種申請(従業員採用の雇用契約など)が行え、柔軟な承認経路の設定も可能です。
また、本部の方針、施策などの情報提供、エリアマネジャー、スーパーバイザーなどの販売促進情報の共有を行うことにより、業務効率改善が図れます。

06

機能 説明
本部管理機能 本部にて、店舗業務を代行できます。
マスタ管理・本部側分析業務を行います。
買掛管理 店舗検収に基づく仕入確定を行います。
フランチャイズ管理 ロイヤリティー、FC仕入売価の算出を行い、請求情報を作成します。
予算管理 店舗ごとの売上予実算の管理を行います。
本部システム連動 会計システムや基幹システムなど、本部側の別システムと連動します。
受注管理 「発注管理」からデータで受注します。
再利用可能なデータでの受注で様々な運用が簡素化されます。
出荷管理 商品の出荷確定・納品書出力などの出荷管理を行います。
伝票管理 出荷処理中、納品済など、伝票ごとのステータスが確認できます。