企業理念


06

logo

ジャンガ・テックのロゴーはモンゴル語で、「幸運」、「完璧」、「完全」、「福のある」などを意味します。一筆書のジャンガマークには「ネットワーク」技術とお客様との緊密な「連携」の意味もこめられています。
10個の四角は、中国語の「十全十美」を表します。常に優れたサービスと製品の提供を目指して行きたい、社員の幸福を求めていきたいというジャンガ・テック社の思いを込めています。

07

責任を持つ、情熱の行動でお客様の「付加価値の向上・満足度の実現」を達成するために働きます。

「互連互通互利」をモットーに、世間と接します。

社員力+想像力+創造力「3つの力」で常にお客様に想像以上のサービスを提供するために努力します。

08

全般

飛躍的に発展を遂げているコンピュータは企業にとっても、グローバル化・ネットワーク化の潮流の中で大きな構造改革を求められ、このことはまた新しい価値創造の原動力となっています。

2008年から、危機・不景気という言葉をばかり聞いている時代に、人も企業も、さらに快適な環境をめざして、多様な要望、高度・高速・安全な処理技術、やさしいコンピュータ操作、またIT投資によって、人件費・コスト削減、売上・利益に貢献などをも求めています。

私たちは、全て企業をこの危機を乗り越えるように最大の努力をし、企業の皆様の「コスト削減、売上・利益をアップさせ」という想いに応えるため、最新の技術を通て、「真に人に役立つコンピュータ」の理想の姿を追求し、快適な仕事環境・社会環境の実現に貢献することを目標としています。

 

活動領域

コンピュータを通じて、人と業務が快適に・やさしく・効率よく会話できる環境を創造します。

ここでいう業務とは、システム設計開発・運用・情報処理・国際業務から人材マネジメントなどのサービス業まであらゆる業務をいいます。

また、コミュニケーションとは、単に人とコンピュータのインターフェースにとどまらず、その業務を処理するアプリケーションソフトウェアの開発、さらにはその業務をコンピュータのインターフェースまでを包含しています。

ジャンガのマークのようにIT技術により人と人とのコミュニケーションからビジネスがうまれ、全てのアプローチ可能な領域にネットでのコミュニケーションを目指します。

お客様の要求

お客様の要求、お客様のわがままな要求は企業成長へのトリガーと心得、このわがままな要求を受け入れることで新たな「挑戦」があると考えております。

職場環境

「信頼は基礎・情熱は動力・互連互通互利」をモットーに、個人・会社・お客様の目標を常に一致させ、相互の立場でものを考え、より生きがい・働きがいのある企業を目指します。

信頼とは、会社において二心無く仕事に専念することで、これに情熱の動力を加えて、成功に到達することができます。

一人が単独行ではなく、互連互通互利で組織と個人の共通の利益を求めます。これも我がジャンガ人の精神であります。

その精神の目指すところは、一人ひとりが自分の夢と会社のために、会社はすべて社員の夢のために、公平に、公正に、透明に運営していきます。

社員への要求

a)自立ほかの力に頼らないで、自分の力で行動し生きること。他人に頼ることなく、自分の仕事(成果)で勝負できるプロフェッショナルとなる。
b)自律自分の考えや行動に責任を持ち、加えて、高い志・向上心・好奇心・謙虚な心で行動すること。いかなる場合でも贅沢や敖慢な態度は慎む。
c)信頼顧客と会社、会社と社員、社員相互の信頼関係を意味している。また、顧客という言葉の中には、購買先・協力会社など私たちのビジネスをサポートしてくれるすべての関係者を含む。
d)協調共通の目的・価値観に向かって行動するチームワークとして、自主性を 重視ずるとともに、チームとしての行動に多くを期待する。それは、サッカーの試合によく似ている。一人ひとりはその得意とする分野で高い技術を身につけ、試合に臨んでは自ら判断し行動して自分の役割を果たしつつ、仲間を信頼してパスをする。「勝利」というチームの最終目的・目標のために全力で戦う。個人もチームも充実感・満足感そして喜びをお互いに味わえる。

ネットワーク

高度情報化社会の発展に伴い、ネットワークは時間や場所の境界を乗り越えて、よりオープンになり、メーカーや機種を問わないマルチベンダー環境になり、互いを密接に結びつけています。

このような状況に置いて、ネットワークが簡単な操作で経済的にスピーディに運用され、またジャンガのマークのように新たな価値を生み出すことが求められています。

それによりネットワークに新しい可能性を見つけだし、切り開いていきます。